アンチエイジング効果のあるサポニンとは?

サポニンには体内のコレステロールを除去したり、血栓のもととなる過酸化脂質の生成を抑制する作用があり、さらに多彩な健康影響が見込みされているため、サプリなどにもよく応用されています。

植物ごとに種類が異なり、大豆に内蔵されているものは「大豆サポニン」、高麗人参に内蔵されるものを「高麗人参サポニン」などと、内蔵されている食品によって名前が付けられ、呼ばれる事があります。

サポニンは水に溶けると、石けんのような発泡作用を持つため、ラテン語で石けんをニュアンスする「サポ」が名前の由来になっています。

水と油のどっちもに溶ける特性があり、サポニンには脂質を溶かす働きがあり、殺菌抗菌作用もある事から、天然の界面活性剤として使用されています。

コレステロールを除去してくれる働きなどは、アンチエイジングにも大いに影響的ですよね。

サポニンは、植物の根、葉、茎などに内蔵されている有機化合物の一種で、苦みやエグみなどの元となる成分の事を言います。

大豆をはじめとして、高麗人参、田七人参、桔梗、アマチャヅルなどの植物に内蔵されていて、特にマメ科の植物に多く内蔵されています。サポニンに関する「http://www.xn--t8j4aa4ntgvb4ca0qma7kxctjxe.jp/」